スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


感想等々

ギポとザックスだと、ザックスの方が受けっぽいような気がする(笑)
鈴○コンビ(笑)
双方ともヘタレ風味の(あくまで風味)かわいげのある攻め、という感じ。でも根は男っぽくて案外繊細だったりとか。
ぎちょやクラより実は繊細だったりするのかも。
そんなザックスとギポが私は好きだ。
いいじゃないのふじょしだもの。



ところで正月に「花より男子」の再放送をやっていて、たまたま何話か見ていたら、なんだか色々かわいいわ~♪と思って新番組の2も見始めたりしています。
続編らしく、くっついたはずのカップル二人の仲に危機が!?的なオープニングですが、何故司が距離を置かなきゃいけないのかという明確な理由を言わないままつくしが放って置かれているので、そのフォローをするべくお姉ちゃんが慰めてくれたり見守ってくれたり悪漢から救ってくれたりと、彼氏以上に、(いや、そろそろつくしに傾いている花沢類よりも(笑))頼もしく優しい。
今のところ、肝心の彼よりお姉ちゃんの方が男前すぎて、ひょっとしたらつくしはこのままの方が幸せなのではないのかと(笑)
「you、お姉ちゃんとくっついちゃいなよ」と、思わず心の中で呟いてしまった秋吉ですこんばんは。

長い。



というわけで、チビチビと二週目に手をつけている「SH2」の感想など。


シャドウハーツはホントにシナリオがいいですね。
適度に謎を残して適度に先を予測させる展開のバランスも楽しいし、クライマックスが前半中盤後半と良いところにあって、飽きさせないのが凄いです。
普通、あんまり長いとラスダン前の「お使いコース」とかでうんざりしちゃうし(笑)そのお使いの先々にも色んなイベントがあっていいなあ。
つか、さすが2枚組だけあってイベントのムービーが結構多い。かなりボリュームがあって気分がだれないってのはこの辺が大きいのかも。

1をやったのが発売当初だったのでもう随分前になるのかなあ?バトルのシステムも結構変更があってやりやすくなってましたね。今回リング成功率が96%くらいになってたんですが、1の時はもっとリングの判定がシビアだったような気がする。確か教会の壁に埋まったアイテムとか取るのに上手くいかなくて「ムキャー!!」とか叫んでいた覚えがあるし(笑)
コンボもなかなか達成感があって良いですね○△□×を瞬時に選択、というのが結構最初は慣れなくて坑道あたりで修練積みましたが、慣れればサクサク敵を倒せるのでたのすぃ。結局初回プレイではラストまで一度もリトライ無しでいけました。親切設計なのか。
でもまあなんとかなりまして、今なら、苦手だった「神羅兵クラウドがルーファウスの見送りセレモニー」も高得点出せる気がする(笑)アレが結構苦手だったのよ……。
でもむしろ雑魚敵の方がきつくて気が抜けない事が多かったな(笑)戦艦三笠の中って、理不尽に雑魚が強くて固くて、しかもパーティメンバーの半分は全然鍛えてなくて武器も無いままだったので、もうどうしようかと(泣)

アスモデウス→アスタロト→と大きな山場それぞれあって、ラスボスの加藤が帝国軍人らしく日本神話にちなんだ三種の神器を従えた姿、というのがこの作品らしいですね。
ヨーロッパをあちこち回るとヨーロピアンな中世のどす黒さが出たり、中国などを回ると、中国的なおどろおどろしいゾンビ的なものが出たり(汁)欧州に絞らず、色んなところの呪的要素を煮詰めた感じがイイ(笑)
ああ、まったく綺麗ドコロではなかったけど陰陽師もいたね(笑)
ラスダンが銅鐸なのは、それほど深い意味はないのかな。古代での銅鐸の使用目的については、ほとんど解明されてないけど、確か日時計として使われていたとか、時間を象徴するシンボルとしての意味合いがあったとかいう説(あくまでひとつの仮説でしかないらしいけども)があるから、それで時間移動に対するモチーフだったのかもね。


最初、ラスプーチンがラスボス然としてでてきたわりに、あっさりニコルに前座扱いされて(笑)、そしてそのニコルも実は中ボスだったという(笑)結構これにはびっくらしました(゚∀゚;)
でも、絵板の方にも書いたけど、その辺がモア様を彷彿とさせるんだよね~(笑)
ニコルはあれ、カレンに執着しているという話はちらっとでていたけど、やっぱり自覚無く惚れていたりしたんでしょうか。言葉で「必要だ」とか「自分を選べ」と言うだけでなく、その辺少しエピソード的には曖昧だったけど、まあ思い切り恋愛感情を前面に出されてもきっと絶対に振られていただろうから無くてもいいのか(笑)
しかしあの最期はエグかった……。その上こっぴどく振られたら目も当てられないよアワワ
実はあのシーンが始まってから一瞬だけ、ニコルがウルに掴みかかった時「ひょっとしたら彼は、見事にアモンの力を制御したウルにコテンパンに負けてしまったわけだし、それで改心して、ウルの中からヤドリギを取りだしてくれるのだろうか」と考えたんですよ。そしたら単なる悪あがきだったとは(泣笑)

そしてアナスタシアたんと蔵人の可愛さにすっかりやられてしまいました今作ですが、アナスタシアの背景ってかなり悲惨で悲劇のずんどこなので、あと少し後のロシアの革命とか考えると(;´Д`)うへえとなりますね。だから、生存説の残っているアナスタシアを出したんでしょうか。
銅鐸から戻るときに、きっと蔵人と一緒に犬神の里に行って、革命の難を逃れたということなんでしょうかね~。
この二人には是非とも幸せになって欲しいだす(^^)しかしあの母とこのヨメの間にいる蔵人君は、どえらい苦労をしそうだな(爆)そんなところもまた可愛い「結婚フラグ」はバンバン立ってるのに、いまひとつ「恋愛フラグ」は立ってなさそげなところも、完全に尻に敷かれそうな蔵人君のその後が容易に想像つきますね(笑)

そういえば蛇足だけども、ラスプーチン(現実の方)が暗殺されたときって、確か最初酒に青酸カリを盛られてそれでも死なず、危機を感じたラスプーチンが庭に逃げ出したところを銃で4~5発撃ち、それでも絶命しないので、真冬のロシアの河に投げ込んだ(当局は溺死と発表したとか)ということだそうですが……(;´∀`)ちょ、生命力スゲェ(汁)
政治的にそれほど力のある人ではなかったけど、王家の信任が厚いので殺されてしまったという、彼もやはり悲劇の人ですね。
そういうところが今回のキャラ付けとして採用されたんでしょーか。前回の川島中佐といい、歴史のif小説的なところも面白いですね。

基本パーティは、ウル、カレン、ヨアヒム、蔵人でした。
力押しパターンだったので、おのずと攻撃力優先の選択。ヨアヒムのグランドスラムは意外に役に立った~。アナスタシアたんも可愛くて使いたかったんだけど、いわゆる青魔法系のキャラって上手く使えんのですよ _| ̄|○
しかし同じパーティにいたとして、アナたんは蔵人の狩天童子を見たらどんな感想を持つのでしょうか~(笑)
私はふんどしキャラフェチなので(というかそうでないキャラにも付けさせたりしちまうわけですが)、あれはあれで大層楽しませていただきました(笑)
ああ、でも月黄泉は綺麗だったよね(*´∀`)私はウルのフュージョンのなかではミセラティーとか好きだったので、双方フュージョンさせるときは連携で並べさせたりしました。神々しい(笑)
どっちも中性的で(というか月黄泉は女神だそうだが……(゚∀゚;)?)華やかで、そんな二体がきちんと順番待ちしている図はなかなか見応えがありました(笑)


エンディングはまだ、アリスの「私がずっと一緒にいるから」の方しか見てないのですが、そうして一抹の寂しさを含んだ綺麗なムービーの後で、懐かしい1のコスチュームを着たウルが、アリスの乗った列車に飛び乗るところ、つまり1の冒頭に繋がるという見事な連携で、エンディングにも関わらずワクワクしました(^^)
出来事や歴史的には変えられないんだろうけど、プレイヤー的には、2をプレイして、このエンディングを見て、続けて1をプレイしてアリスの生きているGoodEndを見る―――というのが一番美しいのかもしれないな。
時空を越えて日向大佐のところへ辿り着いたカレンは、その後ウルの母親への道を歩むのでしょう。カレンは、途中でウルから母親の話を聞いたり、犬神の里で「命がけで愛してた事を解ってくれてたから!」と言っていたり、加藤が時空云々の話をしたりというのがあって、「ああ、もしかしたらウルの母親になるのか?」と思っていたんですが、まあそれもあってカレンには日向大佐のところへ行くまでに覚悟も完了していたのかもしれないですが、父ちゃんにしてみれば寝耳に水すぎるよなあ(笑)
父ちゃん的にはどうだったんでしょう(笑)勿論恋愛は発生するのだろうけど、あの写真を見てどう思ったのかな。



とりあえず思いついたことをざっと書いてみました(笑)
シリーズ3として出るというのはもうないのかな? 今回出てきたピンクのコウモリのプロフに「3をお楽しみに」と書かれていて「フロムザニューワールド」にヒルダが出ているということは、やはりそれがが3という扱いになるのかなあ。ま、ロジャーもいるしな(笑)
蔵人とアナスタシアの子供が主人公でもいいなあ~と、ちょっと夢を見てみたりもしました。それか、大きくなったハリー(母クーデルカ込み)とか。
ウルとアリスはもう、そっとしておいてあげたいね(笑)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

あぁ~懐かしいです!!!アホーのように自力攻略した当時が懐かしい^^
ニコルは…本当にあれだけ煽っておいてあの最後かよ!!と軽く泣けました…TAT。翠の目がとっても綺麗だったのに…
拷問シーンについ萌えてしまいました~(笑)ウルもニコルも…
武器拾いイベントも毎回笑いました(笑)特に犬神の里での蔵人のあわてふためきように…(笑)
惜しむらくは川島中佐を回想でいいから声付きのムービーで見てみたかったです…;_;
うちのパーティはウル・ヨアヒム・蔵人・じじいでした(笑)
攻略知ってからブランカ使ってみたんですが…いい技持ってますね!!
フロムもぜひやってみて下さいね~^^
私はナタンとジョニーに萌え萌えでした(笑)

最近知りましたがどうもロシアでの隠し(??)ムービーはDC版では通常ムービーになってるみたいですね。
私は初回の通常版なので隠しになってました…f^_^;
DC版…ニコルパーティ操作したいです…買わなきゃ~>_<

【2007/01/15 20:28】URL | 串イチカツミ #-[ 編集]

そっか~懐かしいくらい結構前のゲームなんですよね(笑)
なんで発売したころにプレイし始めなかったのかな~と今更思います。
ニコルは色々オイシイキャラだったのに、最期だけが残念でなりません(;´Д`)もっとこう……悲劇っぽくしてくれたらなあとか思うところはありましたけど、まあそこがシャドウハーツだなあとも思ってみたり(笑)

前半の拷問シーン自体はコミカルだけど(笑)、あれも楽しいイベントでしたね。ホントに制作者が楽しんでる感じも面白い。
唯一不満があるとしたら、どうして蔵人が登場した後にしてくれないのかと……ッ!!
でもそうなるとアナスタシアたんまで選択肢に入ってしまうから、それはちょっとエグイですね(汁)
でも責められて喘ぐ叫ぶ蔵人も見てみたかったですハァハァv-238
加藤桜花は、突然そこだけ昼メロになっていてちょっと笑ってしまいました(笑)比較としてやはり川島中佐も見たかったですね~。

また時間ができたらフロムニューの方にも手をつけたいです。
DC版、ニコルパーティ目指してがんばってください(^^)

【2007/01/17 09:14】URL | 秋吉 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ruri0512.blog39.fc2.com/tb.php/181-20183e53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。