スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


指定バトン「シーモア老師」

水の中ってのもえろいよね……って、まずエロを中心に考えてしまうのがだめなこね~。

やっとこ明日、色々更新できそうです。
なんか散漫な感じでアレコレ描いたりしていたものをまとめて……というかんじなんですが(笑)
これで年明けムードから脱出できるよ!(゚∀゚)ノ

でもって何故か今自分的に熱いサイギポ(カプじゃないよ(笑))漫画なども描いちゃったりして、それも後でブログにアップできればいいな。
先日もNARUTOが始まるまで(笑)、どーでもいい「従兄弟の家庭環境」とか妄想しあって遊んでしまいました(笑)
従兄弟ネタ、最初は自分たちしか楽しくなかったらどうしよう、とかまあそれでもいっか!とか(笑)言っていたのですが、意外に反応下さる方もいらっしゃって安堵いたしました(;´∀`)はぅん
次に時間が空いたらまたⅧにトライしてみようかな~。宇宙に放置しっぱなしのリノアさんをなんとか……なんとかしないと…… _| ̄|○
やっぱ最初からやるしかないだろう。リノア“さん”プレイもしたいしな。

一応、仕事が○○ページ進んだらこのネタに手をつけやう!という戒律を自ら刻んだりしてやっているのですが、いかんせん萌えって楽しいからさ~。気が付くとちょびっとメモ帳とかに走り書きしたりしてね(笑)(それがまた後で読めなかったりもするんだが)
でもあれよ、浮かぶのが「袋とじネタ」とかってどうなのかしら。
すっぺぇな(笑)



でもってベルさんから「指定バトン」をシーモア老師vでいただきました~。
下の方にて回答しております(^^)




「指定バトン」

●シーモア老師があなたのクラスにいたら?


モア様はともかく老師がクラスに居るという状況……というのをしばらく悩んでしまいました(笑)いや、モア様がいてもそれはそれでのっぴきならない状況だとは思うんですけど。
クラスにいたら……とりあえず生態をそっと観察する。斜め後ろあたりの席がいいですねv
同じクラスに褐色の恋人とかいたら、その関係を逐一見逃さないよう観察に熱が入ると思う。

●シーモア老師が、何か部活に入っていたら?

弁論部とか合いそう。声がいいから。
ディベートとかやって言い負かされたい~(;´Д`)ハァハァ

テニス部部長でもいいんですが(笑)
モア様の「氷の世界」は、ブリザ<ガ>だろうから、きっとシャレじゃすまない感じ……つって、本家テニスマンガでも充分シャレじゃすまない展開になっているようですが(笑)

●シーモア老師が臨時教員として、あなたの学校に来たら?

妄想する。


何をとか聞かないでくださいというか聞かなくてもわかっちゃうよねウフフ(汁)


~パラレル編~

●もしもシーモア老師が、ちっちゃかったら?


お世話する。
か、褐色の恋人のポケットに忍ばせる……。

●もしもシーモア老師が女だったら?

シヴァみたいなエロ格好いい感じになるのかも?

マジ本編でモア様が女で、やはり結婚という手段を使うんだったら、召喚士は男を選ぶわけだよね。そしたらだれだ……イサールさんとかがロックオンされるのだろうか(笑)
そうして物語とは関係なく、女性版モア様は存在してゆく―――って、それじゃあ意味ねーよ!(笑)

●実はシーモア老師は、あなたの兄弟でした!

モア様の異界送りの舞いを見せてもらいたいな。
レクイエムなども見たい。
あ、あとモア様の爪にネイルケアをしたいね(^^)
うちにおいておくとすぐ枯れてしまう観葉植物の手入れをしてもらいたいなあ。きっとモア様なら上手に株分けまでしてしまうほど育て上げると思うの。
仕事の時に、ヘイスガをかけてほしいな。
同じくケアルガを(略)

段々便利屋の如き扱いになってきたな。
でも兄弟だったらそんなもんだよね(酷)


●シーモア老師が動物になっちゃった!

完全に動物形態なら、クアールみたいに優美な感じがいいねえ。
耳生え状態なら……触角はどうなるんだろう(笑)
いずれにしても飼うよ。
そして自分は座らなくてもソファ買うよ(笑)

●最後に、バトンを回す人を、自分の愛の数だけ!

似たようなバトンは回っているような気もしないでもないですが、テーマが被ってないことを祈りつつ。
sethさん、「サイファーじゅうはっさい」でどうですか。
北さん、「サイ子ちゃん」のシーズンなのでどうですか。
ショウさん「英雄先生」でいかがでしょうか。
yukoさん「今一番熱いアキラ」でどうですけ。

すでにやった忙しいその他ありましたらスルーもOKです。

ベルさんありがとうございました~
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ありがとうございます(*><*)

秋吉さん、こんちにはvv ベルです☆
指定バトン、ウハウハ・・・いえ、とても楽しく拝読させていただきました。お忙しい中、ご回答いただきまして、ありがとうございました!

さてさて。

シーモア様が、学校に居たら・・・。
それは、もう、大変な状況ですよね~っっ。生態観察の為にも、絶対に部活も追っかけ入部しないと。
「テニスの老師様」もイイですよねvv うふふん~。

そして。

お答えの中の「妄想する」という、この一言。
ええ。何を・・・なんて、野暮なことは聞きませんよ?
だって、この「妄想する」という一言に、すべての理が凝縮されている気がいたしまして・・・なんだか、とても、嬉しすぎるご回答でした(///) ムフン。

もし、兄弟だったら・・・というのも、面白い質問ですよね。私は、一人っ子で、兄弟姉妹というものを知らないので、この質問の回答って、とても興味津々でした(^^)v
確かに、老師様が、兄弟だと、色々便利そうですよね! 仕事中のヘイスガ!!!! なんて、効率的な!!! 素晴らしいです~。それに、ケアルガがあれば、医者いらず~。疲れ知らず~。薬いらず~。で、節約にもなりそう☆

そう思うと、モアお兄ちゃん、もしくは、モア弟・・・欲しいですね!
あ、因みに、モア様が兄弟だった場合・・・私・・・。もし、モア様に、異性の恋人が出来たら、きっと、イヂメます(爆)。でも、同性の恋人が出来たら、心から応援します!
これ、乙女の理(違)です(^^)v って、すみません(><)

秋吉さん、楽しい回答を、本当にありがとうございましたv-10


私事ですが、現在、英語版モア様を求めて、FF10のインターナショナル版を中古で購入。昨日から、プレイ開始しました。まだティーダが、バージ島にいるところくらいしか進めていないのですが、改めて、バージ寺院跡地の、幼少のシーモアが床に書いたという文字を見ると・・・。切なくなってしまいます(><)
それと同時に、
「せっかくだったら、ここに、もっともっと、モア様が生息していた『痕跡』をいっぱ~~~~い残しておいてよぉぉぉぉ」
と貪欲に思ってしまったりA^^;;

今日も、モア様大好きなベルでした。

それではでは。

【2007/02/13 20:09】URL | ベル #mQop/nM.[ 編集]

ベルさんこんにちは(^^)

この度はバトンをありがとうございました~v-238
モア様が学校にいるという状況は、18歳くらいのモア様か、28歳のモア様かと色々バリエーションを脳内で展開させながら想像してみましたが、それも楽しかったです(笑)
考えてみれば18くらいって、バージ島から戻った頃で、果てしなくどん底の時期ですよね(汁)
その怒りを、テニス部で晴らしていただくのもいいかもしれません(笑)

最初から兄弟だったら、多分妄想のもの字も抱かないと思うのですが(これは兄弟の居る人は大抵そう考えると思います(笑))、ある日突然モア様が兄弟になったら、すごい衝撃ですよね。
世界を滅ぼそうとさえしなければ、性格も穏やかだし、とても便利でいい弟になりそうです(笑)

私も床の落書きって最初意味が分からなくて、物語終盤で解ったときにじわっときました~(;´Д`)
あれは、ホントに可哀相ですよね……。ところどころに飾られた枯れたお花とか、仔モア様が一生懸命母さまのために摘んできたのかと思うと、またもやモア様に肩入れしまくってしまいます。
そうそう、絶望から解放されるには安息しかないよね!!とか(笑)
モア様サイドから見たⅩってのも、見てみたいですよね~~。
Ⅹインタがんばってくださいませ(^^)

【2007/02/14 18:52】URL | 秋吉 #-[ 編集]

シンの体内を進むと途中でシーモアがいるシーモアに近ずくと、シーモア最終バトルHP80000MP90000これは、かなり強いので注意v-190HPがすくなくなるとアルテマを放つ、これは、召喚獣でガードする。アニマのオーバードライブカオティックDを三回やると倒せる。ラストエリクサーとメガフェニックスを40個もったほうがいい。v-218

【2007/11/11 11:41】URL | シーモア #-[ 編集]

シーモアさん?でしょうか(笑)
もしかしてメールの方に入っているお名前なのでしょうか。

シーモア攻略法を書き込んでくださったんですよね。
ありがとうございます。

【2007/11/12 09:02】URL | 秋吉 #-[ 編集]

シーモア最終バトル

ティーダは、シーモアに近ずいた。
「シーモア」ふふふふふ・・・・
「ティーダ」しっこい野郎だな!!
「シーモア」シンは、私を受け入れたのだ、私は、シンの一部
となり不滅のシンとともに行く永遠にな、
「ティーダ」きゅうしゅうされただけじゃねぇか!!
「シーモア」いずれ内部から支配してやろう。時間は、そう
無限にある。お前たちがユウナレスカを滅ぼしたおかげで
きゅうきょく召喚は、えいきゅうに失われた。もはやだれもシンは、止められん
「ティーダ」止めてやるよ!!!!
「シーモア」ならばシンを、守らなければならんな。感謝する
がいい私は、お前の父親を守ってやるのだ。シーモア最終
バトル。あっさりと勝った。
「シーモア」馬鹿な、シーモアがガクっと崩れた。
「ワッカ」今だ異界に送っちまえ、
「ユウナ」はいっ、ユウナが踊る。
「シーモア」私を消すのは、やはりあなたか、私を消しても
スピラの悲しみは消えはしない・・・・・・」

【2007/11/12 16:52】URL | しほ #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ruri0512.blog39.fc2.com/tb.php/201-3b8ba859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。