スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まさに雑記ナリ

コサンジ


ひさしぶりにエチャに遊びに行って、サンジタイムに混じってきました。
そして、読破したばかりの勢いか、ほやほやワンピトークで盛り上がり(笑)、フランキーの2億ベリーの使い道とか、麦わら一味に参加する船大工は誰だ!?予想、ヒトヒトの実考察、正義の扉の向こうなどなど、色々考えるとたのしいですね。
チョッパーの食べた「ヒトヒトの実」って、動物がヒト化する能力なわけですけど、それって人間が食べたらどうなるのかなあというのが気になりまして。「ただカナヅチになるだけ」という意見にはオオウケしてしまいましたが(笑)、ヒト二人分の能力か何か(分裂とかクローンとか)が手に入ったらそれもいいですねv
しかし、作中同じ力の能力者は出てきてないので、もしかしたらひとつの能力は世界にひとつだけだったりするのかな~。
なんにせよラストまで読まなくては死ねない漫画がまたひとつ増えてしまいました(例・「ガラスの○面」とか「JIN」とか「ヒストリエ」とか、色々ありますが……)。




夜間飛行


この写真は、うちにあるゲランの「夜間飛行」です。
小さい頃図書館で読んだ「夜間飛行」という童話(はっきりと子供向けというよりは、ハリポタくらいの読者層向けかなあ?)が、当時もーやたらめったら好きで、学校で何度も読みました。で、それが忘れられず、卒業してから自分で買って、とってあったんですが、まあ大人になるとさすがにそれほど読み直したりはしないわけで、一度紛失。
しかしまた猛烈に読みたくなって、書店をまわりまくって購入したりという、なんか妙に思い入れのあるお話なんですよ。小さな男の子と女の子が、夜間飛行という花を手に入れて、その花の汁を箒に塗ると空を飛べるという感じの物語なんですが、幻想的で、主人公の女の子がとにかく一所懸命で可愛かった。
そんなこんなでつい香水も「夜間飛行」を買ってしまったり。
まあ実際香りが好きで使うのは、「Fleur de Flrurs」とか「L’air du Temps」だったりするんですけどね(笑)
「夜間飛行」は、香水の命と言われるボトルのデザインも真面目っぽくていい(笑)


そして時々ふとそのお話を思い出したりすると、まあ……ちっちゃいB君とG君が一生懸命夜間飛行の花を探して、一緒に冒険するようなお話などもね、ちょっとショタショタしくてイイネハァハァ、なんて妄想をしてしまうこともありますデス(腐)

というのとは別に、ここんとこ毎日チョトずつ進めている「猫化ギポ」のお話も、そろそろクライマックスが見えてきました。
意外にこの話、カワイイ二人という雰囲気になってしまいまして(笑)、いつヤヲイを入れたらいいんだハァハァ、なんて迷っておりましたらですね。なんと、いざ始めたら思いの外ダラダラネチネチと止まらなくなっ……(終了)
それと半ば平行して書いている「個人授業」の番外編も、はじめたらこれがまたネチネチネ(略)
ちゅーことで、推敲次第、追々更新をしたいと思う次第です。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ruri0512.blog39.fc2.com/tb.php/23-816eff24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。