スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


親父、カミュ(焼酎)をくれ。

彼はやはり薔薇だろうと思いまして。


yukoさんからキリリクいただきまして描いた幻水のカミュさんです~。
真っ赤だな(笑)

初めて描くきゃらだからか、なんか微妙に迷いつつ~だったせいか、チョイチョイ修正しながら描くうちに、あっという間に精悍さが失われていったという不思議(笑)
ああん、こんなていたらくでごめんね……(;´Д`)

てなわけで、体調が整ったらポルチーニポルチーニ!!!


あ、そういえばのだめの正月スペシャル、楽しかったです。
てなわけで、↓ちょこっと感想。





日記で全然触れてなかったのは、あれから繰り返し見ていたからなんですが(笑)
それにしても。かつてここまで原作通りに作ったドラマってあっただろうか、と思うほど忠実ですね。すごい。その忠実さが、スペシャルになって更に増していて、こってりしてたな~(*´∀`)。
ドラマ化というよりまさに実写化ですねこれは(笑)

これは連ドラの時にも思ったけど、あまり忠実にやりすぎると、先の展開が解りすぎて意外性がなかったり、クライマックスのシーンなんかが多少印象薄れるのではというのもありましたが、オケのシーンやピアノ演奏なんかの迫力もあるし、そういう点で大いに盛り上がりますね~。やっぱ音があるってすごいな。
原作読んだ時にも思ったんだけど、のだめって選曲もすごくいいですよね。

このドラマ、制作側がすごく原作を好きで作ってるんだなあという感じがして、そのあたりも原作好きには嬉しいですよね~。
まだその時点では出てきてないエピソードなんかもちょいちょい挟んであったり、単行本のオマケで描かれたネタなんかも入れてあったりして(笑)

しかし上野樹里ちゃんの「のだめ演技」が、連ドラの時よりさらにヒートアップしていて、やや過剰気味になっているというか、のだめが見るからに危ない人になっていて、ちょっと怖かった(笑)
まあでもやっぱり可愛いし、この人だからのだめが寒くなくできるとは思うんですけどね。
黒木君も随分格好良くなってたなあ。ターニャとのエピソードがかなり好きなので、もっと進展して欲しかった(笑)
そして千秋様はやはり美しかった(;´Д`)ハァハァ
相変わらず、指揮しているときに目がうるうるしているのが、たまらんね(笑)

今回一番ウケたのが、提供が入っている間に映っていた、ゆうこ&ジャンと千秋&片平のレストランのシーン。
うまくワンシーンで入れていて上手いなあ~と、感心するやら感動するやらで、大笑いしちゃった(笑)


これって、作ろうと思えばまた続きを作れそうですね。
やってほしいような、ここでスッキリ終わってほしいような、色々複雑ではありますけど、すくなくとも原作通りにやるだろうというのは間違いなさそうだから、そういう点ではこの作品って見ている人を続編で裏切るってことはないだろうから安心できるなー(笑)
やるとしたら、またヨロパロケとか、もっと余裕のある時期にして(笑)やって欲しい気持もあったりするけど、原作が完結しないうちにはむりかな。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ruri0512.blog39.fc2.com/tb.php/371-81580d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。