スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボットーしてました

]悪

ひさびさ悪~

いや~只今前のめりでSS書きまくっております。
エロは愉しいね!(゚∀゚)ノ

モアバラを書いていると、バラライ君がやや子供っぽくなるとゆーか、いたいけ(ブハッ)な感じに描写しちゃうんですが、逆にギッバラだとギポが天真爛漫なのでバラライ君は多少お兄さんぽくなったりしますむっはー
そこらへんのギャップが愉しい部分もあるんですが、あんまり差があったりするのもアレなんで、やりすぎないようにしなきゃね(笑)なんて自省しておりますデス。
でも、どっちにしても天然受けって感じですね(笑)

以下、久々SSとかキャラ観について久しぶりに真面目にもそもそ語っていまして、ちょっと気恥ずかしい感じなので収納します。
(*´∀`)ゞテヘ


自分的に書いているぎちょ観としては、ギポのこともモア様のこともむちゃくちゃ好きであるという感じでして、ギッバラだと一歩間違えるとバカポー一直線になっていきますが、そのへんの手綱をお兄さんバラライがとれればいいなあといった感じでしょうか(笑)
攻めが一方的に受けを好きだという状況はあまり惹かれないからかな。

モアバラだとモア様が意地悪をしながらも猫可愛がりしたり。
こちらはバラライ君が翻弄されるカプなので、それでよりいたいけ風味になるのかもしれないですね(笑)
しかしバラライ君がどんだけ老師様を好きでも、ラストはモア様いなくなっちゃう結末が多いので、その辺のさじ加減をビミョーにしないとホントに残されたバラライ君が気の毒になってしまうので、いたいけさの配分に悩みますデスよ(笑)
モア様も、自分の未来は解っているから、あえて突き放したりもするだろうしなー。

最近はイサールさんをいぢるのにもはまっているので、そのへんでもまた違う局面が生まれたりしたりして……ドゥフフ


今書いているのは、ギッバラの学園モノと「湖底に眠る花」の続きとその他諸々なんですが、久々続き物をやっているから、前に書いたモノを読み返したりして多少ダメージを受けたりしているところです(爆)
いやー、自分で前に書いたモノを読み返すってのはキビシイね!
おおむね萌えメインの衝動でいつも書いていますので、ホント勢いだけなんですが、でも書いているときはいつもなんだかんだで楽しいばっかりです。はづかしいくらい楽しいです(笑)
あとは、奇特にも読んでくれた方にも愉しんでいただけたら本望なんですけどね(^^)

感想とか下さる方、ありがとうございます。ホントに励みになってます

<(_ _)>
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ruri0512.blog39.fc2.com/tb.php/96-401ba204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。